社会人こそ夜行バスを使うべき4の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お手頃価格で旅行ができ、翌朝には目的地へ到着している!とても便利な「夜行バス」ですが、社会人には「お金がない学生時代ならまだしも、体力もないし・・・」と懸念されがちです。

しかし、時間がない社会人にこそ、夜行バスを使っていただきたい!

今回は社会人が夜行バス旅行をする上でのメリットや、快適に過ごすコツをお教えします。

朝起きたら到着している

究極の時短です。寝ている時間を移動にあてられるなんて、とてもお得感がありますよね。
しかも夜行バスの発車時刻は23時ごろと、全体的に遅め。金曜日に仕事をささっと終わらせて一時帰宅し、夕飯、お風呂を済ませてからバスに乗ることが可能です。ちなみに筆者は、この方法で金曜の夜に出発、月曜の早朝にバスで帰宅し、身なりを整えて再度出勤するという暴挙にでたことがあります。よほど暇な職場か、タフでない限りオススメはできませんが、なんとかなるものです。

「旅行に行く時間がないよ~」などと言っている人は、旅行に対して構えすぎです。夜行バスでふらっと遠出をして、今話題のパンケーキのお店でゆっくりモーニング・・・社会人だからこそできるリッチな土日を過ごしてみませんか?

財力にモノを言わせる

「夜行バス=学生の交通手段」そんなイメージがありませんか?
確かにお金がない学生時代は、新幹線を使えなかったのでバスをよく利用したよという人が多いのではないでしょうか。
しかし、夜行バスにもグレードがあります。ここは社会人の余裕で、少し豪華な夜行バスを満喫しましょう。バス会社やプランにもよりますが、2千円ほど上乗せするだけで広々とした3列シートや、「寝ることを目的に倒せる」リクライニングシートのバスに乗れます。

「グレードアップなんてナンセンス!夜行バスは安くてナンボ!」という考え方もできますが、それでも新幹線で往復することを考えると、1万円ほどのキャッシュバックなので、とてもお得ですよね。

新しい出会いがある

社会人の皆さ~ん!!!出会いですよ!!!東にコンパあれば 行って人数合わせしてやり 西に社会人サークルあれば 行ってその飲み会を企画する社会人の皆さ~ん!!!
夜行バスならもっとスムーズでスマート!「すいません座席倒します」から始まり、サービスエリアでの「どこへ行かれるんですか?」で広がり、到着してからの「お互い楽しみましょう!もしよければ今夜飲みませんか?これ、連絡先です」で締めです!むしろ始まりです!

・・・とまあ、うさんくさい書き出しでしたが、実際筆者は夜行バスで同性の友人ができました。コンサートや大きいイベントの前日などは同じ目的の人が多いので、自然と会話が盛り上がります。こういった楽しみ方も、乗っている時間が長い夜行バスならではですね。帰宅する人でない限りお互い地元は近所になるので、旅行先での出会いでありがちな遠距離の付き合いの心配もありません。

どこへ行ってもコネクションを求める・・・社会人の鏡ですね。

あきらかに安い

社会人の財力とかぶっちゃけそんなありません。いろいろ言いましたが、これに尽きます。むしろ社会人の方が付き合いや結婚資金の貯金などで出費がかさみます。夜行バスは強い味方です。
バスの往復代金で新幹線片道分におつりが出ることもザラです。
浮いたお金を現地で贅沢に使いましょう!

いつも新幹線や飛行機でリッチに旅行されている社会人の皆さまも、ぜひ一度バスで遠出をしてみてください。筆者のように「どれだけ安く旅行できたか」に充実感と達成感を得るのも、旅行の楽しみの一つです。

夜行バスでの快適な過ごし方のコツは、で紹介しています!ぜひご活用ください!

side_logo

follow us in feedly