大阪市内から1時間、北摂の山腹カフェでひと息!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街の桜が満開を迎えている頃、ドライブに最適の日和でもあり、国道173号線を篠山市へ向けバイクを走らせていると、山腹に味のあるログハウスが出現。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

バイクを降り中へ入ってみると国道沿いとは思えない静けさの中に心地よくジャズが流れている。少し早めのランチタイム、席がまだうまっていないことと、心地よい温かさの気候でもあったので見晴らしのよいテラス席へ。鳥の声が聞こえ、見える景色は能勢街道沿いの里山風景。空気がまだ冷たいこともあり温かいものをと、バゲットとスープのコーヒーセットを注文してみる。やさしい味のミネストローネ。バゲットに浸して食べてみるとこれもまた美味しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

こちらで提供される食材は自家農園のものもあり、種類のあるパンも手焼きされるようだ。そして食後に提供されたブレンドコーヒーを片手に、しばらく聞こえてくる鳥の声に耳をまかせ、ゆったりとした時間を過ごす。

テラスにはテーブル席とカウンター席があり、一人でのんびり過ごすもよし、グループで語らうにもよし。テラスから手の届くほど近くにある樹には巣箱があるので、季節になれば、鳥の子育てに遭遇することも?!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

陽射しの心地よい時期にはぜひ利用したいスペースだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

そのほか、メニューには喫茶やランチセット、サンドやケーキなどがある。後日訪れた時に注文したのは、自家製チャイとベーグルサンド。チャイはこれまでに味わったことのない、スパイシーでスッキリしたものだった。ベーグルサンドはやさしく、素材の味が強調されたものだった。小腹がすいた時にはちょうどいいサイズのベーグルサンドである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

また、こちらのカフェはご夫婦で運営されている。ご主人はジャズやブルースなど、勝手な私のイメージではあるが、いぶし銀的で大人な世代の方をイメージさせる音楽を好まれている様でもあった。とりわけ気さくで話のはずむご主人である。

そのためかカフェ空間の一部にグランドピアノがあり、ちょっとしたライブハウスの様になっている。実際にライブも開催されるそうなので、一度その時に訪れたいと思った。そして様々な音楽のジャンルがあるが、ここは北摂周辺で開催されるご当地ライブなどの情報が集まってくるところでもあった。そうした情報を得たい場合、テーブルに広げられた情報ノートに好きなジャンルの音楽や連絡先を記入しておくことができる。

また、Facebookやwebページも作成されているようなので、詳細はそちらを参考にすることもできる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

ついついゆったりとした時間を過ごせてしまうカフェながら、目的地だけとしてではなく、篠山や丹波への経由地としての立地でもあり、コーヒーの共として、気軽に味わえるファーストフード的な食品も並んでいるので、一杯のコーヒーから楽しむことができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by D.M

また、提供されるブレンドコーヒーも豆や粉を購入することもできるので、自宅でもカフェでのゆったりした時間の余韻に浸ることができる。

北摂方面へ足を向けることがあればまたぜひ立ち寄りたいカフェである。

情報:カフェ 氣遊

(ペット同伴も可能)

アクセス:

車で:阪神高速11号池田線、池田木部出口から国道173号へ合流。国道173を川西方面へ北上。道の駅「栗の郷」を通過。国道173号を直進し栗栖交差点から約10分。

電車・バスで:阪急宝塚線・川西能勢口下車、能勢電鉄に乗り換え山下駅で下車する。阪急バス(能勢の郷行き)乗車、砂原橋で下車。バス停から山手へ徒歩5分。

周辺情報:食事・宿泊・温泉・みやげ等

汐の湯:宿泊、日帰り入浴可。併設の食堂利用で割引あり。

能勢温泉:宿泊、日帰り入浴可。また、ランチバイキングも楽しめる。

るり渓温泉:宿泊、日帰り入浴可。食事可。

道の駅くりの郷:地元産の野菜や食材を手に入れることができる。

 

 

follow us in feedly