三浦半島の海軍遺産と明治・大正・昭和のトンネルが一望できる駅を巡る旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自衛隊の艦船が見える港

今回は、首都圏に住む人たちのオアシスとなっている三浦半島を巡ります。

使うのは以前、京浜急行の駅でゲッツしたウォーキングマップ。三浦半島のさまざまなウォーキングコースを紹介したマップですが、観光ボランティアガイドが足で調べたと銘打つだけあって、面白い切り口で楽しめました。

たとえば今回紹介する三浦半島の海軍遺産。

京急田浦という小さな駅から歩くのですが、普通の観光ガイドブックではスルーされている場所がたくさん記載されているのですよ。地図で見ても、大きな公園があるわけでもなく、白い砂浜が広がる海水浴場が近くにあるわけでもない。それでも、少し視点を変えて歩けば、なかなか味のあるウォーキングができるのですな。

ただ、「建造物の歴史的な背景を考える」などテーマに沿って歩かないと、たんに古い工場が並んでいるだけと首を傾げることになるかもしれませんが。

…ということで、出発は京浜急行田浦駅。

昭和を感じさせる商店街をテクテク歩き、地図のルートに沿って海を目指します。長浦湾と呼ばれる入り江に立つと、近くに自衛隊の艦船が停泊しているのが見えました。

CA3A1651

地図で調べると、海上自衛隊自衛艦隊司令部とあります。このあたりは、旧日本海軍の施設があった場所らしいですから、自衛隊の施設にも引き継がれたのでしょうか。

CA3A1655

 

今も工場の施設として利用される旧海軍の建造物

海に面して、古い建物が並ぶ工場がありました。

CA3A1656

マップの解説によると、現在、大手電機メーカーの関連会社の工場のあるこの周辺は、明治19年から昭和20年まで、旧海軍工廠造兵部が置かれていたらしい。昭和10年代には、三万人を超える職工さんが働いていたそうですね。

CA3A1654

残念ながら工場の中には入れませんでしたが、塀の外から重厚な建物群を眺めることができました。

たとえばこの建物は、旧海軍工廠造兵部本館。大正2年に竣工し、関東大震災にも倒壊しなかったのだとか。

CA3A1657

ほかにも、機銃工場や発電工場など、旧海軍の建造物が数多く残されています。それにしても、現在も工場の施設として利用されているのはすごいですね。

CA3A1658

この巨大な鉄骨の建造物は、ガントリークレーンというらしい。

CA3A1659

CA3A1660

よくわかりませんが、海に面しているから艦船に水雷でも積み込むために使用したのでしょうか。

 

三浦半島に、かつて水雷技術を習得するための学校があった

国道16号に出て船越トンネルを抜け、横道をJR田浦駅方面に歩く途中にも古い建物が並んでいて当時の雰囲気が味わえます。

CA3A1662

テクテク歩き続けると、やがて左手に見えてくるのは海上自衛隊第二術科学校。堀に囲まれた校内も、きっと旧海軍の施設だったのかなと思ったら、やっぱしここはかつて、海軍の水雷学校があったところらしい。

CA3A1663

水雷学校という学校があったことをはじめて知りましたが、機雷や魚雷、通信技術を身につけるための軍事教育学校だったそうですね。

道の脇に 「海軍通信教育発祥記念碑」が立っていました。

CA3A1664

当時は、水雷の通信講座があるのかと思ったら、これは明治34年に、無線通信術の教育を初めて行ったのを記念したものだそうですね。

 

古い日本映画に登場するような倉庫がある

そこから道なりに歩いてゆくと、現在、左手に病院や倉庫が立ち並んでいるあたりは、海軍の軍需部があったらしい。

CA3A1671

海軍の軍需部は、砲弾や魚雷など軍艦に使う兵器や燃料、食料、被服といった一切の軍需物資を集めて保管し、軍艦などに補給する役目を担っていた、とお散歩マップには書かれていました。

この長浦港の岸壁に沿った倉庫群は長浦倉庫と呼ばれ、当時、主に兵器庫があったとか。

CA3A1670

そのままの形で現在も残っているのは、今も自衛隊及び民間企業によって今も倉庫として利用されているからでしょうね。ちなみに、この古いレンガ造りの倉庫は食料庫だったそうな。

CA3A1666

終戦後の古い日本映画には、GIさんたちがこのような建物の前にたむろしているシーンがあったような記憶があります。

 

明治・大正・昭和に建造されたトンネルが見える駅

終戦直後の占領下の日本の風景をイメージしながら、近くにあるJR田浦駅へ寄り道してみました。

首都圏のすぐ近くにある駅とは思えないほどひなびた駅なのですが、歴史は古く、開設は明治37年だそうですね。

この駅が珍しいのは、駅のホームが二つのトンネルに挟まれていること。何でも、11両編成の電車ではホームに止まりきれないため、ドアが開かない車両があるらしい。

CA3A1665

横須賀方面に見える七釜トンネルは、明治・大正・昭和にそれぞれ建造されたトンネルが三つ並んでいます。

CA3A1669

中央のトンネルが一番古くて、横須賀線開通にともない明治22年に完成し、その後複線化によって大正13年に増設。そして一番大きいトンネルが、昭和18年に軍需輸送の引き込み線用として造られたのだとか。明治、大正、昭和ときたら、平成は地下鉄化して技術力の進歩を誇示すべきなのかなと考えました。

follow us in feedly