超絶景! 天空の露天風呂ここにあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万座温泉「極楽の湯」

最近、竹田城跡のように天空の城や東京スカイツリーや大阪あべのハルカスのように天空に近い場所などと、「絶景」や「天空」ものが流行っている。

風呂好きな日本人としては、風呂に入りながら天空の絶景を仰ぎ見ることができたら、さぞかし幸せな気分にさせてくれる。

今回は、日本一高い場所の国道をドライブして、まさしく天空の露天風呂温泉がある万座温泉を紹介しよう。

「万座温泉」は何処にあるの?

今回、紹介する万座温泉は、非常に効能豊かで、すばらしい温泉であることは意外にも知られていない。万座温泉は、群馬県と長野県との県堺にあり、活火山の上州白根山の中腹に沸く温泉である。万座温泉がある所は、標高2000メートルの白根山山頂から、200メートルほど下がった場所にある。

万座温泉湯畑

白根山から東に下りれば、天下の名湯「草津温泉」が鎮座し、西の長野県側にはウィンタースポーツとして名高い志賀高原や野沢温泉があり、いずれにしても観光地としては人気のスポットだ。

万座温泉は、このように名高い観光地に囲まれており、旅行雑誌などにも決して目立つ存在にはなっていないのが事実だ。

日本最高峰の国道を通って いざ万座温泉へ

国道292号線草津万座ルート

草津温泉から万座温泉へは、有料の万座ハイウェイを通るルートと国道292号線を通るルートがある。万座ハイウェイは通年通行可能だが、国道292号線は、例年11月から4月までは冬期通行止めとなるので注意が必要。

おススメは、絶対に国道292号線!!何がそんなにいいのか!?。ただのそこいらの国道とはワケが違う。国道292号線は、標高2000メートルの白根山山頂を通り、長野県志賀高原と を結ぶ日本一標高の高い国道ルートだ。

国道292号線から浅間山

草津から白根山山頂を目指してどんどん標高を増して行く。遠くに浅間山や南アルプス、そして運が良ければ富士山を眺望できる。その背景とは対照的に、白根火山の噴火跡が目に飛び込んでくる。しかも、所々黄色い火山ガスを噴出している。ここ白根山は、まぎれもない活火山である。

白根山山頂付近

万病に効く!!イオウ濃度日本一の源泉かけ流し温泉

いよいよ本日のお目当の万座高原温泉に到着だ。今回は、万座温泉日進館を紹介する。万座温泉は、標高1800メートルにある高原温泉。国内、富山県の立山にある「みくりが池温泉」に次いで2番目に標高の高い所にある温泉だ。

万座温泉日進館

日進館の歴史は古く、現在はリゾートホテルとなっているが、以前は全国にその名が知れた湯治場であった。元内閣総理大臣の故福田赳夫氏が学生時代に胃腸を患い、ここ日進館で湯治されて完治されたことは、今でも語り継がれている。

万座温泉日進館

万座温泉を代表する源泉「姥苦湯」は、イオウ濃度が日本一だ。しかも、微量のラジウム放射能を含んでいるので、ガンにも効能がある。今でも日進館には、昔ながらの湯治場が残っている。全国から病に悩む人々が、万座温泉の湯を求めて湯治に訪れている。

超絶景!!天空の露天風呂「極楽の湯」で命の洗濯

日本全国、数々ある絶景風呂の中でも、超おススメなのがここは日進館の極楽の湯。

万座温泉「極楽の湯」

まずは、写真をじっくり見てほしい。目の前に広がる、天空と緑の山肌に火山の荒れた大地。地球の息吹を感じさせてくれる。そして、ここにはイオウ濃度日本一の万座温泉の源泉が注ぎ込まれている。そして、入浴には丁度よい40℃前後の湯。時間が経つのを忘れさせてくれる。

絶景とほどよい温度の温泉で気持ちがよくなってくる。しかし、なぜか次第に頭が痛くなる。どうした??湯あたりだ!!そう、万座温泉の泉質は、高濃度のイオウ成分と微量の放射能を含んでいる。しかも高純度の硫化水素泉だ。くれぐれも、入浴法を守らねばいけない。普通の温泉とタカをくくると、湯あたりのしっぺ返しが来る。

万座温泉姥苦湯

しかし、湯あたりが治まると、体が妙に軽く、頭もすっきりとしてくる。しかも、いつもより食事が旨く感じ、美味しく食べられる。これが、まさしく万座温泉の効果だ。

万座温泉に最寄りの長野・軽井沢エリア着の高速バスはこちら

follow us in feedly