涼を求めて避暑地を巡る女子旅 長野・霧ヶ峰ビーナスライン白樺湖・上高地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国的に梅雨も明けいよいよ夏本番!又、年々猛暑が厳しく世間では暑さ対策に特化したグッズが店先に豊富に並べられるやいなや現代の夏の在りし姿とでもいいましょうか。

七月下旬某日行って参りました。そんな暑さから逃れて長野県は霧ヶ峰ビーナスライン車山高原・白樺湖・上高地の一泊二日の気ままな女子だけで行く旅です。

thumb5

出典:http://ganref.jp/m/fujio-n/portfolios/photo_detail/7742468ff3c6b89458dbf808d5aebe84

出発当日この日の東京の天気晴れ。朝から気温34℃だそうですがもっとあるんじゃないかくらいの上昇ぶりで連日の猛暑と仕事の疲労で少々のびていたのですが旅行となれば話は違う(笑)。

テンション舞い上がってました。

一同が初めに降り立ったのは御射鹿池(みしゃかいけ)。

 

気温も一気にクールダウンでとても涼しく小雨混じりだったので寒く感じました。
ともあれみているだけでまるで絵になってしまうのではないかと思うほどほど緑が美しくその凛とした静寂に圧巻。

御射鹿池は最近ではCMや画家・東山魁夷の「緑響く」の作品に起用される等その名も有名な人工の池。

4

出典:http://k-kabegami.com/misyakaike/4.html

御射鹿池の実際の名前の由来は古くは諏訪大明神が狩りを行う場所神野と呼ばれる神聖な土地であったとともに諏訪大社に神に捧げる鹿をいる神事、御射山御狩神事から伝わっているとの事。

続いて向かったのは車山高原・霧ヶ峰ビーナスライン。
標高1400mといわれる見渡す限りの壮大な自然のパノラマを望むドライブコースは解放感いっぱいで加えて澄みきったおいしい空気。

711676B55B2A46EFB0086A54B8E9664D_L

出典:http://guide.travel.co.jp/article/1792/

こちらに降り立ったのは実に高校生の夏の移動教室以来とあって懐かしさほろりといった感じでした。
又大人になってからこうしてあらためて来てみるとあの時見れなかった違った景色や感動を目の当たりにする事が出来てひと際です。
ひんやり寒かったのですがカリンアイスを食べました。かりんの風味も程良く意外にさっぱりしておいしかったです。

56a06bb3e8

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/1098449/blog/35626616/

ところでこのビーナスラインですが、今から47年前の1968年蓼科と霧ヶ峰両社の有料道路を併せて呼ぶ愛称として述べ1400人以上の公募から決まったのが今もなおその呼び名を引き継いでいるビーナスラインというわけです。

お昼を済ませて車山高原へ。
標高実に1925m涼しさマックスでした。都心の気温が夢のよう。スキーシーズンではないのですが今時期も山に登るハイキング用にリフトに乗れるみたいです。

標高を目指すほどに当然ながら夏でも寒いくらいなのですが高原の景色もこの上なくきれいです。

何といってもマイナスイオンに溢れています。

有名な老舗ホテルノース志賀で一泊。

top01

出典:http://y.gnavi.co.jp/106858/

夏の観光シーズンですから、学生さんファミリー団体客の皆さん等々宿泊客も目白押しでした。
近年の私の旅行は乗りものの移動が多く運動不足になりがちであまりお腹が空かない傾向が多かったのですが今回は結構歩いたのでお腹も空いておりおかげ様で夕飯のバイキングも美味しく召し上がる事が出来ました。

40285_set

出典:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/40285/CUSTOM/4028580926181405.html

これは幸せの一言です。

温泉も志賀高原の夏の緑が一望できる最上階にある展望風呂。
旅行に来たらまず温泉。3~4回は入ります。

NJ77aR

出典:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/40285/CUSTOM/4028580926181405.html

一夜明けてホテルを後にして向かったのは上高地。

最終日はウオーキングコースとしても有名な国内初山岳リゾート上高地にて散策をしました。

IMG_0044 IMG_0041 IMG_0047
上高地コースの中心ともいえる大正池~田代橋~河童橋と景色を見ながら軽快にウオーキング。

いたるところに野鳥のさえずりがこだまのように聞こえてきます。
前半はそぞろ雲行きを気にしながらスタート。中盤から雨。結構強めで寒い。そして雨でできた池にハマる。・・・ですがせっかく来たのですから大自然の豊かさは旅の思い出にとしっかり焼きつけて行きます。

IMG_0049

白樺並木と静かな池がきれいでした。奥に向かうに従いツキノワグマ出没しましたやご注意の貼り紙には一瞬ぎょっとしましたが半面自然が共存する生地なんだと感慨深いものがありました。

IMG_0059
後半近くになると猿のファミリーに遭遇。とても微笑ましく観光客を笑顔にさせてくれました。

河童橋が見えてきてようやくゴール。雨の池にハマりつつも思ったよりも結構歩きました。
慣れてる方、ウオーキング目的で来られた方等は雨具の装備も旅使用で万全だったのが印象的でした。

お昼のお弁当をすませて別腹で河童橋の侘向かいに位置する五千尺ホテルのティーラウンジ5HORNでケーキセットを頂く事にしました。

IMG_3423

出典:http://www.kamikouchi.net/2_1.html

こちらのお店のケーキセットはネットでも度々取り上げられておりティ―ラウンジもならではの趣と味わいのある落ち着いた佇まいで一目で人気の秘密がわかります。
私は定番メニューといわれているチーズケーキをコーヒーとセットで頂きました。
ボリューム満点なのに味がしつこくなく本来の甘さが程良く出て非常に美味しかったです。

IMG_0063

旅の締めくくりにふさわしいゆったりした午後のひと時をスイ―ツを味わいながら過ごすことができてもう言う事なしですね。雨の中のウォーキングはきつかったですが日頃の運動不足も解消されて夏の自然を満喫できたいい旅でした。

上高地に最寄りの長野・松本エリア着の高速バスはこちら

follow us in feedly