古都・京都で楽しめる日本屈指の祭り!!祇園祭りから葵祭りの舞台を巡る旅!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると各地で花火大会や縁日などが開催されることが多いですね。今回は近畿の古都・京都で開催される祭りの舞台となる寺社を含め、ぜひ訪ねてみたいパワスポをご紹介します!!

京都の玄関口・JR京都からは各種公共交通機関で出発できます。また当日均一区間内であれば何回でも乗り降りできる市バスの周遊パスなどがあります。利用できるととても便利ですよ!!

葵祭りの舞台・賀茂神社

鴨川の側にある京阪・出町柳駅からほど近い「糺の森(ただすの森)」に賀茂神社のひとつ下鴨神社があります。正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)とされています。

DSCF8041

下鴨神社正面

下鴨神社と上賀茂神社を合わせて賀茂神社と呼ばれ、両社で行われる葵祭りは朝廷からの勅使を迎えて行われる形式をとる祭祀であるため、日本の3勅祭のひとつとされています。

下賀茂神社

DSCF8061

下賀茂神社を鴨川沿いにさらに北上すると上賀茂神社があります。上賀茂神社は今年の秋、式年遷宮を迎えるようです。

DSCF8068

上賀茂神社楼門

上賀茂神社は正式に「賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)」とされています。若々しい力に満ちた雷の神という意味があるようです。

その強い力で厄を払い、良縁を授けるとされています。

上賀茂神社

女性第1の神、河合神社

下賀茂神社のある「糺の森」には玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀る河合神社があります。

玉依姫命は女性守護、美の神様とされ親しまれているようです。とりわけ全国でも珍しい鏡の形をした絵馬を奉納する神社として知られています。

DSCF8027

河合神社正面、「日本第1美麗神」とありますね!!

そしてさらに玉依姫命の父、「賀茂建角(かもたけつのみこと)」の化身とされる八咫烏(やたがらす)を祀る社もあります。

日本サッカー協会のシンボルマークにもされている八咫烏、サッカー必勝祈願の絵馬やサッカーボールが供えられていました!!

DSCF8030

DSCF8032

訪れた時は境内でバイオリンのような珍しい弦楽器の演奏が行われていました。

河合神社

祇園祭と八坂神社

京都3大祭りに数えられる葵祭り、時代祭りに並ぶ祇園祭。祭りで1番賑わう四条通り正面にあるのが八坂神社です。

DSCF7875

DSCF7878

八坂神社正面から四条通りを眺める

祇園祭は7月1日から31日の1ヶ月間行われており、期間中様々な神事や行事が行われています。この四条通りも山鉾巡行の時には鉾と人でいっぱいになります。

この祇園祭の始まりは京の都に流行った疫病除去を願い鉾を巡行させたことによるそうです。これにちなみ、祭りの参加者は八坂神社の祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)が授けたとされる厄除けの護符を身に付け参列するそうです。

八坂神社

華頂山・知恩院

八坂神社の北側ほど近く、浄土宗の開祖・法然ゆかりの地にある総本山・知恩院。現在国宝の御影堂は大修理のため見ることはできませんでしたが、重要文化財でもある大鐘楼を間近で見ることができました!!

DSCF7894

知恩院山門と大鐘楼

DSCF7910

この大鐘楼の釣鐘は東大寺のそれに並び国内最大級になるそうです。年末の除夜の鐘とあわせて年2回しか鳴ることがないようですが、大きく遠くまで響き渡るこの鐘の音を容易に想像できました!!

知恩院

石清水八幡宮

少し京都市内から離れ、大阪に近い八幡市にある男山山頂にある石清水八幡宮。日本3大八幡宮のひとつでもあり、伊勢神宮とともに二所宗廟にあげられています。

DSCF7126

楼門と本殿

DSCF7128

この石清水八幡宮で行われる石清水祭は、先にご紹介した賀茂神社の葵祭りと並ぶ勅祭のひとつであるため、どちらも朝廷絵巻のような雅さを感じられること間違いありません!!

石清水八幡宮

DSCF7141

山頂展望台から京都市内を眺める(撮影時期2月)

石清水八幡宮のある男山山頂展望台から京都タワーが見えます。(写真中央、白く細い塔)そしてその奥には比叡山を眺め、山頂が白く見えるのは滋賀県にある伊吹山でしょうか。空気が澄んでいるため、遠くまで見渡せました!!

歴史的建築物や文化財が数多く保存され、しかもそれらが密集した地域にあるため訪ねやすく、毎回新しい発見があるので京都は何度訪れても飽きることがありません(笑)

祇園祭が開催されている7月。ぜひ、祭りをきっかけに古都・京都への旅行を計画されるのはいかがでしょうか?!

 

 

 

follow us in feedly