古城と湖のミステリースポットをめぐる旅 千葉県東金市・東金城、雄蛇ヶ池を歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の時代にも活用された可能性がある東金城

本日も千葉県東金市のウォーキング。八鶴湖のほとりを歩き、西岸にある本漸寺へ向かいます。

CA3A1444

このお寺は、鎌倉時代に禅宗の寺として創建されたものの、戦国時代に、この地を支配していた酒井定隆によって顕本法華宗に改宗したそうですね。

CA3A1439

その酒井氏の菩提寺で、裏山には鬱蒼とした杉林。花粉症の時期は大変かも、と巨木を見上げながら思いました。この険しい崖の上に、目指す東金城があるのですか。

CA3A1438

いざ、城攻め。

…と勇み立ち、本漸寺の裏山へ立ち入ろうとすれど、どこにも登り口がな~い。

本堂の近くにあるお墓では、東金城主だった酒井氏のお墓を見つけることはできたのですが…。

CA3A1437

東金城は、立ち入り禁止なのかも。城跡に入れないのは残念だけど、遺構を守るためでしたら止むを得ませぬ。そう自分を言い聞かせて、無念の撤退を余儀なくされたのです。

でも、自宅に帰ってネットで検索してみたら、東金城の本丸や土塁、空堀、郭の写真がたくさん載っているではありませんか。どうやら、入り口は東金高校の隣付近にあったみたい。もしかしたら、入り口がわからないように作られた難攻不落の城なのかも。

ちなみに東金高校は、元アイドル小倉優子、別名ゆうこりんの母校でもあるそうですね。

やっぱり、旅の前には、ネットでしっかり情報収集をしてから行くべきだ、と思い知らされました。

城跡を下から見上げた感じでは、かなり土塁は急峻ですし、丘の上の縄張りも巧みなのがわかります。酒井氏は戦国時代の70年間もこの城を居城としていたそうですから、かなり実戦的な仕掛けがいろいろ凝らされていたと思うのですけどねえ。

CA3A1442

ネットで調べると、太平洋戦争末期に米軍による九十九里上陸作戦に備え、この城に立てこもって戦おうとした施設も残っているらしい。戦国時代だけでなく、昭和の時代にも活用された可能性があるのですな。

 

徳川家康が寄進した杉並木の巨木がある

あとで悔やむことになるとは夢にも思わなかった私が次に向かったのは日吉神社。

CA3A1447

ここの神社も由緒あるらしいのですが、1615年に徳川家康がここに御成りしたそうな。そのとき、神社の復興を命じられ、200メートルにわたる参道に杉並木を植樹されたらしい。

杉並木といえば日光を思い出しますが、ここの杉並木も巨木が建ち並んで壮観でした。

CA3A1450

ここでも、花粉症の時期に来なくてよかったと実感しました。たぶん来ていたら、杉並木の植樹に一役買った徳川家康に文句を言っていたかも。

神社の近くにある丸山公園は、芝生の緑が最高に綺麗でした。

CA3A1454

 

湖に見える東金のミステリースポット・雄蛇ヶ池

青い空と緑の木々、花粉の飛ばない爽やかな空気。

CA3A1461

田んぼの中にある古いお寺の何気ない風景に心が癒されます。

CA3A1465

しかし、暑い日だったので汗をドバドバかいて、舗装道路をトボトボ歩きながら、ああ、水をガバガバ飲みたいっす、と考えました。

そろそろ限界かも、と思う頃、ようやく最後の目的地、雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)に到着。

CA3A1467

池というより、こちらのほうが八鶴湖より「湖」に見えますね。「池」と「湖」の定義にこれだけ頭をひねる場所も少ないかもしれません。

CA3A1470

しかも、こちらは人口池なのだとか。元々は江戸時代の干害対策として周辺の村を救う為に作られたものだそうな。   この広大さは、こちらのほうが、モノホンの湖に見えるのだけれど。

CA3A1474

ウォーキングガイドブックでは、この池を見るだけで終わっていたのですが、せっかくだから一周してみることにしました。

池のまわりは約4キロもあるらしい。さきほどの八鶴湖は、確か周囲800メートルでしたけどね。

池のまわりは遊歩道になっていて、アップダウンもそこそこあって、池の景観の変化が楽しめました。

CA3A1475

この池は、近年はバスフィッシングの名所としても有名だそうで、ボートを浮かべて釣りを楽しむ人たちを大勢見かけました。

CA3A1476

ネットで調べてみると、雄蛇ヶ池は心霊スポットとしても有名らしい。女性のすすり泣く声がどこからともなく聞こえてきたり、笑い声が聞こえてきたり…。

ワハハハハハハハハハハハハ~!!!    

ブロロロロロロロロロロ~ ドォ~ルゲェェェェ~!!!  

 

私が、一人で遊歩道を歩きながら、誰もいないとよくやる癖は、黄金バットの真似や超人バロムワンの悪役ドルゲの真似。

実は、ここでもやってしまいました。心霊スポットだと知っていれば、こんな恐れ多いことはやらなかったのですが。

知らない人がたまたま聴いて、都市伝説のひとつに組み込まれてしまったかも。

そういえば途中で、近くの自販機で買ったペットボトルのお茶をバックから取り出して飲んだのですよ。ペットボトルのふたはしっかり閉じられていたのに、バッグの中がなぜか濡れていました。

今思うと、鳥肌が立ちますね。

ちなみに、ひと頃話題を集めた押尾学氏もここを肝試しで訪れ、女性の霊を見たと告白しているそうですよ。

CA3A1478

follow us in feedly