梅雨時の今だから楽しむ 江ノ電で行く鎌倉・江の島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の観光スポットとしてもなじみ深い、神奈川県は古都の町鎌倉と江ノ電で同一線上に位置する江の島。ちょうど今だと微妙な梅雨時期とあって鎌倉ならば鶴岡八幡宮をはじめとする有名なお寺を周ったりそろそろ終わりに近いですが紫陽花散策などもぎりぎり楽しめます。また美味しいグルメスポットも見逃せないのであわせてご紹介してみたいと思います。 いずれもこれらを周るコースの順路としては一般的な手段でまずは小田急線で終点江の島まで行きこちらでひとまず下車してみる事にしましょう。

500_39310041

出典:http://4travel.jp/travelogue/11026882

降り立ってまず目に飛び込むのは何と言っても海沿いならではのあの独特の雰囲気。行き交う観光客の解放感溢れる様子と潮の香り。江の島といえば海水浴のイメージが強いですが最近ではリニューアルや新たなスポットも年々増えており通年にぎやかになってます。

22416552_624

出典:http://photozou.jp/photo/show/214515/22416552

先日こちらへ降り立った時は平日でしたが一眼レフを持った外人さんやカップル、その他団体客の姿が目立ちました。 江の島周遊の船や便利な1dayパスポート等もありますがここはあえて歩いてみるのがおすすめ。 正直山坂がきついですが色々な名所やならではの景色が発見できておもしろいです。 ですので始めから歩く手段を検討される方はスニーカーとタオルを用意されておくといいですね。

 

右手に江の島の海を臨みながら江の島弁天橋を歩きます。 江の島の弁天橋といえばそれぞれに道路用を江の島大橋・人道用を江の島弁天橋と異なる呼び名となっており道路用の江の島大橋ははその昔1963年に行われる東京オリンピックのヨット競技の種目を行う為に作られたんだそうです。

enoshima02

出典:http://www.geocities.jp/arashi0001jp/enoshima.htm

まもなく正面に指定文化財にもなっているという青銅の鳥居がみえてきます。現在の姿は文政4年(1821年)に再建されたもの。 鳥居を入っていくとお店が軒を貫いてるのが特徴。意外なところで郵便局もあったりして。

img_0

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/another_summer_day_05

江の島神社、展望灯台(シ―キャンドル)江の島の岩屋、龍恋の鐘、がダイジェストな主要スポットといわれていますがすべて周らず江の島神社、龍恋の鐘近くを通過。

タイミングよくランチにすることにしました。 食べ物ランキング等で常に人気の高い江ノ島亭にこの度初参戦。 江の島からバスもでているそうですが観光を兼ねて歩いてみたかったので地図を見ながららひたすら歩くこと20分弱。 やっとなんとか到着です。 店内にある大きな窓からはまさに海。相模湾も一望できます。バルコニーの席もありとても気になりましたがあいにくの雨で店内の広いお座敷でランチタイム。 私は江ノ島丼を注文。中に入ってるサザエも大きくて食べ応えアリ。サザエ自体食べるのは10数年ぶりです。ご飯も最高でしたがお店の雰囲気もよかったです。 何か海沿いにまるで泊まりに来たようないい感じの気の抜けたまったり感。 明日からまた頑張ろうという気持にさせてくれます。

11201698_880782778627250_45974706_n

出典:http://www.instagram24.com/reena627/986518511874461289

06180001

帰りは楽々。ひたすら道なりに下って行くだけです。岩間に海がみえる度に「あ、海だ」と叫んでました。天気はいまいちでしたが海はいつ見てもいいもの。

続いて向かっているのは極楽寺。 江の島から江ノ電に乗って旬の紫陽花を見に行きます。

江ノ島電鉄・江の島駅でなじみ深いすずめのオブジェ。季節によって衣替えします。

06180001

紫陽花寺として鎌倉で有名な三大名所明月院、長谷寺、成就院。 極楽寺で下車してその名のお寺極楽寺で参拝をして紫陽花を鑑賞しました。本来なら広い境内の成就院も一緒にみるところですが今年から向こう3年間の参道工事に入る為 残念ながら紫陽花散策はできませんでした。 みることができれば参道をくぐり両脇に紫陽花と前方に由比ガ浜海岸を見下ろす事が出来て 定番スポットといえばそうですがなかなか観るだけの価値はあります。

41533448318e-2c08-4a1f-ad36-100c3790ee91_m

出典:https://retrip.jp/articles/4153/

さて極楽寺の駅まで戻り鎌倉を目指します。 単線なので間違えないように下り方面鎌倉行に乗り継ぎます。 鎌倉までの所有時間は約15分くらいといったところでしょうか。 けっして退屈させない江ノ電の車窓からの景色を眺めるのもいいでしょう。 「あ、ここ降りてみたい!映画のロケ地じゃない」等ふいに思った時一日何度でも乗車できる 乗り降りくんというのを江ノ電の乗車時に購入すると大変お得です。

128153983458116209605_enoden14

出典:http://find-travel.jp/article/3823

鎌倉高校前はドラマやアニメのロケ地として有名ですね。何度通ってもこのロケーションはたまらないです。車からも通ったことがありますがやはりこの眺めは江ノ電からでないと!

そうこうしているうちに終点鎌倉到着。平日にもかかわらず相変わらず人が多いです。

お買い物も旅の楽しみ。小町通りを旅人気分で散策。こちらに来るのは4年ぶりくらいで

街の変貌に興味を示しながら気にいったお店があると目を輝かせてました。

 

img_9

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/emi_kosugi_neko/64388790.html

小腹がすいてきたところでティータイムです。

小町通りまで戻り知る人ぞおなじみのイワタコーヒーに到着。

イワタコーヒーといえばあの厚地のホットケーキで有名ですね。

昭和23年の創業以来各界の著名人もお忍びで訪れるまさに老舗の喫茶。

というわけで満員御礼で待っている間に20分で焼き上がるというホットケーキを事前注文。ボリュームたっぷりで一人前注文して厚めのケーキが二枚来るので相方とふたりで一人前オーダーしました。

3952776

出典:http://retty.me/area/PRE14/ARE34/SUB3401/100000004115/5771061/

席が空いたと同時に焼き上がりました。こんなふかふかホットケーキはじめて。おいしかったです。お店の方の気の利いたおもてなしにも感謝です。にぎやかな街中と打って変わり落ち着いた中庭もみているだけで静かな時間が過ごせます。

iwata1

出典:http://kamakuraprivate.cocolog-nifty.com/kamakurablog/2009/05/post-e0fc.html

店を出る時店先にホットケーキ品切れの看板が出されてました。人気の秘密がわかりました。

鎌倉散策のしめにはイワタ珈琲のホットケーキがいいです。癒やされて帰りました。

follow us in feedly