豊臣秀吉の小田原征伐の舞台のひとつ、小金城と前ヶ崎城 千葉県松戸市・柏市を歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想像以上に城の遺構が残っている前ヶ崎城址公園

今回も引き続き、千葉県松戸市を歩きます。

前回、地図で「歴史公園」を発見して訪問したと書きました。城跡ではないかと期待して訪れたらドンピシャリだった、と…。今回は地図に、城址公園とありますから、疑いようもありませぬ。

それにしても、これだけこの地域に城跡が多いのは、中核となる小金城があるからでしょうね。本城を防衛するため、まわりに支城を配置したのですな。

地図では小さく記載されていたので、児童公園のようなイメージでいたのです。しかし、実際訪問すると、予想に反して見事な遺構が残っていました。地図だけ見て、大したことないと思って行かなかったら、後で後悔したでしょうね。

CA3A1900

本土寺を出て、住宅街や畑の中をテクテク歩き、川を超えると左手に緑に包まれた丘が見えてきます。

目の前は、ちょうど舌を伸ばしたような細長く突き出た台地が続く、いわゆる舌状台地。この地形と近くの川を見ただけで、城ファンは心躍ります。戦国時代の城跡は、この台地を空堀で遮断して作られることが多いですからね。

CA3A1901

公園へ向かう道沿いにも、城跡が残っているのがわかりました。公園となっているのは主郭部分だけなのですな。

CA3A1914

でも、高台に土塁や櫓台、虎口などの遺構が期待していた以上によく残っていました。

CA3A1907

二の郭は、会社の工場、三の郭は民家などになっていますが、地形から当時の様子がイメージできますね。

CA3A1903

前ヶ崎城の詳しい歴史はわからないそうです。この城も、小金城とともに豊臣秀吉の小田原征伐の際に開城し、その後廃城になったのでしょうね。

ちなみに、この城のある場所は柏市ですので念のため。

 

住宅街に埋まる巨大貝塚と小金城主の菩提寺

城跡をすっかり堪能したあと、かつて広大な田んぼを切り開いて作られた住宅街を歩き、幸田貝塚へと向かいます。貝塚といっても、現在は何の変哲もない児童公園に解説板があるだけでした。

CA3A1919

でも、今からおよそ6000年前の縄文時代前期に形成された貝塚で、その分布範囲は南北約250m、東西が約180mにも及ぶ広大なものらしい。

CA3A1918

度重なる発掘調査の結果、縄文時代前期をはじめとする竪穴式住居跡が160軒以上も確認されたとか。全国でも指折りの大規模集落の跡なのですな。

貝塚があるくらいですから、こんな内陸まで海が入り込んでいたのでしょうね。地球温暖化で海面が上昇すると騒がれていますが、地球の長い歴史から見れば過去に何度もあったことなのだと実感できました。

 

小金は歴史のある街だけあって、古刹が多くあります。廣徳寺もそのひとつ。

CA3A1923

このお寺は、室町時代、小金城を築いた高城胤吉によって開基されたそうで、その後も高城氏の菩提寺として栄えたらしい。

広い境内には、江戸時代に建立されたという高城氏の墓碑がありました。

CA3A1925

 

マツキヨ発祥の地・松戸

さて、次はいよいよ本日のメインイベント、小金城じゃ~

…と、勇んで向かう道すがら、松本清記念会館なる古びた建物が…。

CA3A1930

そういえば、ここ松戸はマツキヨ発祥の地なのでした。松本清は、その名の通り、マツモトキヨシ創業者にして、千葉県議会議員や松戸市長などを歴任した人物。

私が子供の頃は、松戸市役所の「すぐやる課」がマスコミで取り上げられていたのを覚えています。そのアイデアを出した市長としても知られていますね。もしかして、マツキヨ創業の建物?と思ったのですが、ネットで調べてみると直接の関係はないみたいでした。

でも、建物の裏には、松本清氏が昭和40年代にこの辺りの土地改良に尽力したという巨大な記念碑が。

CA3A1931

ちなみに、松本清記念館で検索すると、「松本清張記念館」の検索結果がダダダダ~と出てしまうのですな。

 

大部分が市街地に埋もれてしまった小金城

それはともかく、小金城でした。

CA3A1939

調べてみると、城の大きさは東西800m、南北700mにおよび、12もの郭を備えて、当時の下総国北西部においては最大規模を誇った平山城だったとか。

CA3A1934

それはすごい、と大谷口歴史公園の小高い丘をのぼると、土塁や畝堀、障子堀などの遺構を見ることができます。

CA3A1938

障子堀はあまり確認できませんでしたが、畝堀は底のほうにしっかりと畝が残っていて、待ってました~後北条氏のお城じゃ~と、なんだかうれしくなって眺めました。

CA3A1943

さて、他には何が? …と思ったのですが、これでお仕舞い。

えっ、こんなに狭くないよね、と当時の縄張り図を確認すると、公園になっている部分は、小金城の末端なのですな。入り口部分がかろうじて残っている…みたいな。

どうして小金城址というネーミングで紹介しないのだろうと思ったのですが、ここは城跡といっても端っこだからでしょうか。城の中心部分は市街地の中にすっぽり埋もれているみたい。

しかし、小金城の遺構はほかにも、近くに達磨口跡として残っていました。

CA3A1952

普通の崖のように見えているものが巨大な土塁だったりして。

CA3A1948

当時はかなりの規模の城だったのがわかります。その後、小金城は、豊臣秀吉の小田原攻めの際、後北条氏方として戦ったものの、豊臣氏方の浅野長政らに攻められ開城。

徳川家康の五男、武田信吉が居城としたが、1593年に廃城となったとの由。武田信吉の母上のお墓がどうして小金の本土寺にあるのだろうという疑問がこれで解けました。

前回は時間がなかったので、当時、城の中心部だった「本城」や「中城」などへは行けなかったのです。何らかの痕跡が残ってないだろうかと思って、今回、足を運んだのですが、石碑があるだけでした。

CA3A1956

でも、この急坂は当時の小金城の要害さが偲ばれますね。ブラタモリではないですが、自分が急坂マニアだと感じる今日この頃。

CA3A1957

 

関東十八檀林の一つの名刹・東漸寺

最後に向かったのが、JR常磐線の線路を越えたところにある東漸寺。

CA3A1970

このお寺は、今から約500有余年前の1481年に創建。江戸時代には徳川幕府の手厚い保護を受け、関東十八檀林の一つとされた名刹だそうです。

CA3A1959

至るところに、徳川家の紋所である三つ葉葵があしらわれていて、水戸黄門好きの私としては、思わず、ははぁ~とひれ伏したくなるお寺でした。

CA3A1958

帰り道、再び北小金駅を目指して歩きます。

すると、南口駅前の交差点に、マツモトキヨシ発祥地の表示が。北小金駅前のこの場所がマツキヨ発祥の場所なのですね。

CA3A1971

表示されていた店舗は、当然、1号店かと思いきや22号店と看板に書かれていましたが。

 

取材日 2015年6月10日

follow us in feedly