港町・神戸の夜景スポット!!メリケン波止場から摩耶山山頂まで!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎市・稲佐山、函館市・函館山にならび日本三大夜景に数えられる神戸市・摩耶山。緑の山裾から海岸線に広がる街並みを鳥瞰する眺めは格別です!!今回もハイカーの視点で神戸屈指の観光スポットをご紹介します!!

旧天上寺への参詣道

摩耶山ハイキングの歩き始めは阪急神戸線・王子公園駅。ハイキングコースはいくつかあり、今回は王子公園横を流れる青谷川を遡上し、旧天上寺跡(史跡公園)を巡り、摩耶山山頂を目指します!!コースの案内板こそありませんでしたが、青谷川沿いの住宅地を上がっていくと「青谷道」入り口に立て看板があります。ここからは一気に登山らしくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青谷道上り口からの眺め

しばらく小川沿いを上がって行くと、神戸市で唯一とされる茶畑がありました。「夏も近づく八十八夜」というフレーズが浮かびました。地域の気候の違いから収穫の時期は異なるようではありますが、茶摘みの話題がTVでも報じられているので、ちょうど今頃が収穫期なのでしょうか。そして茶畑の横にはお茶屋さんもあったので、ご当地のお茶をいただくことができそうですね!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてさらに小川沿いを進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この青谷川には砂防ダムが多く設置されており、間隔は広いですが段々畑のようになっていました。そしてアジサイが多く植えられていたので、開花の季節にまた訪れたいと思いました。

六甲のひんやり爽やかな水

思いのほか険しい道のりを進むと、一息つけるところで飲料水として山の水をいただけるところがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

口当たりもよく冷たい水でした。汗ばんでいた顔を洗い、爽やかさを取り戻してさらに前進します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すると足元に飛び跳ねる色鮮やかな緑色が!?何年ぶりでしょうか、久々に見ました、アマガエル!!陽射しは熱い日でしたが、湿度は高く森の中は涼しいので活動的な時間だったのでしょうか。六甲の森には日本の固有種であるモリアオガエルも生息しているとのことでしたので、もしかしてと思いましたが、街でも見れるアマガエルでした。それでもこの表情には癒され和みました。

階段を上りきると史跡公園

コースが小川から外れ、なかなかの傾斜が続くようになってきました。そしてしばらくすると旧天上寺の参道とされる階段にたどり着きます。ここまでもなかなかの道のりでしたが、前を見上ても気が休まりません。延々と続く階段が見え、何段あるだろうか?と数えたくなるほどです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

230段ほどの階段を上がりきると、天上寺があった史跡公園にたどり着きます。建物すべてが焼失してしまったため、現在は建物跡のみの広場として保存されています。現在は山頂付近へすべて移されています。ここからの眺めも素晴らしいものですが、山頂からの眺めを目指して先を急ぎます。

到達!!摩耶山山頂・掬星台(きくせいだい)

王子公園から歩き始めて2時間ほどがたっていました。青谷道を上がってきましたが遭遇するハイカーはほとんどすれ違う人ばかり。このコースは上りにはキツイコースだったのかもしれません(笑)

そしてようやく到達した掬星台からの眺めは格別です!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから眺める夜景を想像しながら、この眺めは日本屈指とされるだけあると感じました!!そして山頂にあるロープウェイの駅2階のカフェテラスで、1番人気のマイルドチキンカレーにシーザーサラダをセットして昼食をいただきます!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして山頂でしばらく休んだ後は山を下ります。上りでかなり体力を酷使してしまったこともあり、下りは摩耶ビューラインを使用しました!!山頂ロープウェイとケーブルカーの乗り継ぎで下山すると30分ほどで市街地へ到着できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このビューラインは春から夏の時期は夜9時まで利用できるようなので、日本三大夜景の一つ・摩耶山からの眺めを手軽に楽しむことができるのがいいですね!!

メリケン波止場

そして神戸の夜景として代表されるスポットには、ポートタワーや海洋博物館があるメリケンパークがあります。昔はポートタワーが港の端だったらしいのですが、現在は埋め立てられ、イベントが多数開催される広場があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこの広場の東端に昔の船着場・波止場の名残があります。メリケン波止場と呼ばれていますが現在は20年前に発生した阪神淡路大震災のメモリアルパークとして保存されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また由緒ある港町だけあり、開港120年を記念してフランク・ゲーリー氏デザイン、安藤忠雄氏監修による鯉をモデルにしたオブジェ「フィッシュ・ダンス」が設置されています。また併設の商業施設にはイベント会場としても利用されるカフェもあり、コーヒーの香りとともにゆったりとした時間を過ごすことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は実際の夜景をご紹介できませんでしたが、神戸の夜景を楽しむならぜひこのスポットを!!というハイカー要素満載で数ある中からいくつかご紹介しました。まだまだ夜景を楽しめるところがある味わい深く、異国情緒あふれる港町・神戸。

ぜひ、神戸ならではの味わいや楽しさを見つけに足を運ばれるのはいかがでしょうか?

follow us in feedly