標高1400mの天空ドライブ!?四国カルスト台地・天狗高原への道のり!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルスト台地として知られている山口県・秋吉台。さらに福岡県平尾台と合わせて、日本三大カルストとされている愛媛県と高知県の県境にまたがる四国カルスト。今回は高知県・四万十川周辺地域側から道中寄り道しながら天狗高原を目指します!!

清流・四万十川の源流

アユやアマゴなど、淡水性魚の渓流釣りが盛んな清流・四万十川。その釣りの解禁となる頃に四万十川源流地域を訪れました。四万十川は清流と呼ばれていますが、一般の環境基準に加え、独特の指標基準を設定し「清流」とされているようです。素人目にぱっと見たところは清流たる由縁は説明されないとわからないくらいでした。ただ、南米や沖縄地方にあるブラックウォーターとは違った河川であることは確かでした。

DSCF7174

四万十川ならではの風景に、川にかかる沈下橋があります。これは川が増水した時に欄干がないため、橋が流れてしまわないという設計になっています。この写真にある沈下橋は人が歩ける程度の幅ですが、場所によっては車が通る生活道路となっているところもあります。運転には細心の注意が必要ですね。またもう少し下流域で水深のある河川地域の子どもたちは、この橋から飛び込むのが遊びになっているようです。水面まで結構な高さになるんですが、平気で飛び込むんですね(焦)

四万十川でのアクティビティのひとつに体験カヌーがあります。一度利用したことのあるところだけご紹介します。和気あいあいとしたスタッフの方たちでした。

かわらっこ→http://www.kawarakko.com/doc/canoe.html

四万十川源流点のある町・津野町

四万十川の源流域を遡上していくと源流点がある町、津野町にたどり着きます。温泉や地元の産業、森林資源など、観光やキャンプを存分に楽しめる施設があります。そして県道19号線・津野町桑ケ市あたりを走行していると、渓流沿いの高台にある一軒の民家脇にでている焙煎の看板が目にとまりました。こんな山奥で焙煎?と不思議に思い立ち寄りました。

DSCF7168

コーヒー7不思議。ご主人が東京で料理人をしていた頃、食後の一杯のコーヒーに着目したのがきっかけで故・河野敏夫さんに師事し、東日本大震災をきっかけにIターン制度を利用してこの地域へご夫婦で移住してこられたとのお話でした。

DSCF7167

DSCF7166

店舗空間は焙煎所に併設で数席のカフェ空間があるといった広さで落ち着いたものでした。そしてこの建屋はすべてご主人のお手製とのことで驚きました。そしてさらにテラスも作成中とのこと。ほんと器用な方です。いただいたコーヒーはご主人の手製、パウンドケーキは奥様手製。コーヒーの新しい飲み方にも出会い、実りある時間になりました。

坂本竜馬の足跡ある町・梼原町

そして四万十川流域を離れ、国道197号をしばらく走行していると梼原町(ゆすはら)にたどり着きます。この地域は坂本竜馬が愛媛県へ向かい脱藩する時たどった道筋とされています。そしてゆすはらの道の駅へ立ち寄るため山村地域を進んで来たところ、道の駅の側に斬新なデザインの建築物がありました。じっくり見てみたいのと、ちょうど昼食をするのによい時間になっていたのでここでしばらく立ち止まりました。

DSCF7172

「雲の上のレストラン」・「雲の上のホテル」として、傾斜地にあるのですが、京都の清水の舞台の様な橋脚上にフロアがある設計になっていました。

雲の上のレストラン→http://www.kumono-ue.jp/cat_restaurant/

DSCF7169

レストランやホテル、温泉やプールなどの施設を含めるとこの辺りだけ山村のリゾートの様な雰囲気になっていました。昼食はこのレストランでカルボナーラをいただきました。

天空へのドライブウェイ

そして道中立ち寄るところがたくさんありましたが、山腹をうねる長い道路を登りきり、ついに天狗高原へ!!やっとたどり着きました(笑)山頂に広がる芝生のところどころに石灰岩が頭をだしており、カルスト台地ならではの風景を生み出しています。

DSCF7188

そしてやはり天空という言葉があてはまるように、動きの速い雲にも手が届きそうでした。

DSCF7185

今回は高知県側から高原へ上がり始め、尾根沿いの舗装された天空ドライブウェイの一番東端の天狗荘周辺を散策しました。林野庁認定の森林セラピーロードもあり森林セラピーも楽しめます。またこのドライブウェイは愛媛県側の大野ヶ原まで20kmほど整備されており、道中には放牧農場や食事処、公園や道の駅など立ち寄りスポットも多くあるので、ドライブとあわせて1日過ごすことができます。

そして高原へは高知市や松山市からも2時間以上かかるため、麓の町での宿泊か、高原にある宿での宿泊が良いかもしれません。また満天の星空もみどころでしょう。次回はぜひ星空も楽しみたいものです。

天狗荘→http://www.tengusou.com/

姫鶴荘→http://www.yanadani-skk.jp/hotel_index.html

夏も近づく今、さわやかな空気を感じる天空ドライブを楽しまれるのはいかがでしょうか!!

天狗高原に最寄りの高知エリア着の高速バスはこちら

follow us in feedly